HOME > お知らせ

お知らせ

福井県立高志中学校入学者選抜における選抜方法の変更について

福井県立高志中学校入学者選抜において

作文がなくなり集団面接となりました

理由は以下のようです。

以下webより転載

 

(面接を導入する理由)

高志中学校では、入学から高校卒業までの6年間を見通して、「自分の意見を論 理的に伝える力を伸ばす教育」、「様々な人々との活発なコミュニケーションを通し て、課題解決に必要な資質・能力を育てる教育」を進めています。 これらの教育活動は、新しい学習指導要領においても「主体的・対話的で深い学 び」として重視されています。 こうしたことから、同校の入学者選抜において、面接を実施し、志願者のコミュ ニケーション能力や学びに向かう力を評価します。

 

 

面接が導入され、お子さんの人間力(今までの生き方)が試されるようになりました

もし面接が作文と同じ50点の配点になれば、

近年受験者の点数が拮抗する中、

単なる適性検査対策ではもう全く太刀打ちできなくなりました

 

日頃から自分で考え自分で行動し自分の言葉で話せることに取り組む必要があります

対策としては、いろいろな視点から大人が考える以上に物事を深く考える授業が

求められるようになりました

 

詳細は以下をご覧ください

福井県立高志中学校入学者選抜における選抜方法の変更について

 

http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/koukou/saihen/tyukouikkan_senbatsuminaoshi_d/fil/gaiyou.pdf