HOME >高志中対策

高志中対策

福井 高志中学校の選抜方法は、適性検査3つと面接であり、「思考力」が徹底的に試されるため、付け焼刃的な対策では合格は難しいのが現実です。
福井STARTは、高志中合格に必要とされる、

1.何が課題かわかる力 2.優先順位をつける力 3.対策・解決法を提示できる力 4.筋道だってわかりやすくまとめる力

などの思考するための基礎力を徹底的に強化し、特に高志中に合格した後(高志中での学校生活はもちろん大学入試や入社試験、実社会)に大きな影響を与えます。

高志中対策に必要な4つの力を強化!

1.何が課題かわかる力

数多くの情報の中から何が問題なのか、何が解決すべき課題なのかを把握することが第1ステップです。

2.優先順位をつける力

課題は一つではありません。
いくつかの課題の中で、何らかの価値基準をもとに優先順位をつけなければなりません。
優先順位をつけることで課題が順位づけられ、解決すべき課題が明確になります。

3.対策・解決法を提示できる力

優先順位を付けた課題に対し、対策・解決方法を提示しなければなりません。
これは日頃の親との会話、読書量が影響します。
どうすればよいのか?常日頃から考える習慣が求められます。

4.筋道だってわかりやすくまとめる力

上記を相手に筋道だってわかりやすくつたえるために、書いてまとめることが求められます。
これも書き方のコツがあるため、まず書き方のコツをつかみ、具体的に取り組みます。

福井STARTでは、特に「問題をしっかり読む」ことに重点を置いて取り組みます。
適性検査は、 長文にて教科横断問題、考える力を問う問題が出題され、そもそも何が問題かがわからない問題が多数でます。
福井STARTにて難易度を少しずつ高めながら、適切な問題を確実にこなす
(厳選市販問題集と公立中高一貫校適性検査問題集 全国版)ことで各出題の意図を理解でき、合格に求められる正解力(正答率70%目標)と
解答スピード(50分以内に全問終了)を身に付けることを目指しています。


面接対策では、毎回オリジナル教材を活用し、「あなたはどう考えますか?」「あなただったらどうしますか?」という思考トレーニングを徹底的に行います。 また過去、現在から今後どういうことが予測できるのかを考える未来思考トレーニングも行います。回答を暗記で対策している他の受験生との圧倒的な差の実現を目指します。


*日能研 全国公立中高一貫対策テストを6月~12月に数回受験し、全国レベルにおける到達度、理解度を確認します。

高志中対策コース詳細はこちら